2005年12月03日

BG、あるいは死せるカイニス(石持浅海)

著者の作品の中では郡を抜いて異色の作品
世界が現在の地球とはまったく異なり人類の産まれてくる子供がすべて女、そのなかで限られた人間だけが男に性転換するという変わった世界の物語。
当然現在の日本の常識も通用せずレイプといえば男性が暴力で女性を犯すものではなく、複数の女性が数の少ない男性を襲い子供を作るために性行為を求める、と言った具合です

主人公船津遥の異母姉西野優子は男性化候補の筆頭に挙げられる優秀な女性だったがその彼女がレイプ未遂の痕跡を残して殺害される。そして優子の言ったBGとは?

とまあ一風変わった設定のミステリなんですが、こういった現在の世界になにか一つ違った設定を入れて、その設定によって起こりうる事件といった話は大好きで、西澤保彦氏の初期作品の多くや山口雅也氏の生ける屍の死などが思いつきますがこれらもお気に入りです

でこの作品なんですが、キーワードになっているBGなんですが、その世界ではある程度の情報はもっているはずのBGについての説明があまり上手くなされていないように思えます、主人公はこの世界の住人なんだからもうちょっとBGについて知っていて読者に説明するほうが自然、世界観の設定と登場人物の設定がうまく噛み合っていない様に思えました。

ミステリーとしてはその世界独特の理由による殺害、その真相の解明にも設定が上手く生きていて面白かった分だけ残念です

お進め度 ★★☆

posted by テル at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 石持浅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

[ ITmedia +D ] W-ZERO3ファーストインプレッション 

memn0ckさんのページでは早速試作機を手に入れてのレビューが行なわれています
写真が多くて見やすい記事ですが、やはり電話機専用として使うには重さといい、大きさといい微妙な感じのようです
動作ももっさりしているようなのでそこは何とか改善してもらいたいところ
自分の現在使用しているAH-K3001Vは急に電源が落ちたり、ネット中に固まって反応せずに電池を抜かないといけなくなったりしたのでそういった点もないようにしてもらいたいところ。固まってしまうと電話帳とかは無事なんですが時計が狂ってしまって2003年の1月1日になってしまうんですよね

でもおもちゃとしてみると興味は尽きません、これだけのためにもう一回線契約しようかとすら思ってしまうのがこの機種の魅力でしょうかw
posted by テル at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | willcom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミステリとミステリーの違い?

出版社によって「ミステリー」とか「ミステリ」とか違いがあるけどなにか違いがあるんでしょうか?
とある本によれば英語の発音的には後ろを伸ばさない「ミステリ」のほうが正しいのだとか。
講談社だとミステリーだし早川だとミステリ。あとミステリィってのもあるけど、これは森博嗣氏が使い始めたものだと思うので簡単です。森ミステリィとかいった具合にしかあまり使わないので。
yahooの辞書で検索したところ「ミステリー」でしか結果は出ず「ミステリ」は入っていないようです

余談ですがミステリーに秘跡劇。聖史劇。なんて意味があるのを始めて知りました

ほとんど個人の嗜好で使い分けているようなのですが自分は話すときには後を伸ばすミステリー、打つときにはその日の気分で適当にあまり考えずに使っています

ハヤカワミステリとか東京創元社のミステリとか自分の勝手な印象で古くから推理小説を扱っているところにミステリ表記が多いような気がします

推理小説、本格推理小説、新本格推理小説みたいな明確な違いがあったりするんでしょうか?
posted by テル at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ等雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

適当

ウィルコム、W-ZERO3を12月14日に発売。W-ZERO3向けにOperaブラウザも


 こっちも

当方京ポン使いなんでこの機種には興味持っていたんだけど結構な値段が・・・
まあ初期不良とか怖いのですぐには買うつもり無かったし、電話としての機能がどこまでちゃんとしてるかわからないと買いかえるまではいかないんだけど、すごくそそられる・・・

みとせのりこさん『アルトネリコ』の歌い手に決定 キャストは未発表
前好きな歌手の一人にあげたみとせさんがPS2ゲーム『アルトネリコ』に出演決定しました。売れてもっとメジャーになるといいなあ


講談社の2005年度版の翻訳文庫ミステリーのベスト10が発表


自分は翻訳物は苦手であんまり読まないんでここにあがっている作品も全然読んでいないんですが

posted by テル at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人狼

最近人狼にはまっています。
人狼というのはWebゲームの一つで村サイド人狼サイドに別れて、村側は人狼を見つけ出して処刑すること、人狼側は村人を自分達の数よりも少なくなるまで襲うことを目的とした推理説得ゲームです

詳しくは http://wolfbbs.jp/ ここにまとめサイトがあるのでここにいけば詳しく載っています

話だけを聞くと簡単そうですがこれが難しい、村側だと狼がどこにいるか全然わかんないし、狼側だと変に情報が多い分ボロを出すようなこと話してしまって処刑されるし・・・
また狂人といった人狼サイドだけど人狼とは意思疎通できない役職もあって、狂人は人狼のために行動しているつもりが逆に人狼にデメリットになったり。
さらにプレイヤー全員の意思によって処刑先がきまるのでいくら正しい推理をしてもそれでみんなを説得できなかったりすることもあれば、自分が正しいと思った推理が人狼を有利にしてしまったり・・・

人間不信になりそうなゲームでもありますが、はまるとなかなか面白いです

この前狐で初回占いでいきなり当てられゲームに参加することも無く死んでしまったりもしましたが・・・
posted by テル at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

狂笑面 北森鴻著

“異端の民俗学者”蓮丈那智とその助手である内藤三國がフィールドワーク中に出会う事件をまとめた全五編の短編集

少し前にテレビドラマでもやっていたので見た人もいるかもしれません、自分はあまりにも蓮杖那智のキャラクターが違うのに絶えれなくてすぐにテレビを消しましたが・・・

民俗学ミステリーということですが、不帰屋なんかは民俗学の部分と現実の事件がうまく関わっていて民俗学的な考察から現実の事件の解明にきれいに繋がるのがすばらしいです
全部の話がそういった風に民俗学と事件とがうまく関わっていないのが多少不満点でしょうか、すべての話を民俗学と関連付けるのは難しいのかもしれませんが・・・
ただ他の北森作品とのクロスオーバーなんかもあって著者の作品を読んでいる人ならまた違った楽しみ方も出来るかもしれません

お進め度 ★★★

posted by テル at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 北森鴻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。