2005年12月09日

黄泉路の犬 近藤史恵著

南片署強行犯係の第二段です、今泉物の梨園の話のときに痛くて辛い話を書く人だと思っていたけど今回もとても痛くて悲しい話です

主人公の會川圭司と上司の黒岩が向かった東中島での強盗事件。
現金以外にチワワが盗まれてしまう、発見は絶望的だと思われていたが、捨てられていたチワワを保護した人からある人物が飼い主だと名乗ってチワワを引き取ったとの情報が得る。
その人物の家に向かった二人が見たものは・・・

といったあらすじなんですが事件とか犯人とかいった部分は本筋から離れていると思うしそれほど特筆する部分は無いんですが、動物好きな人間として心苦しい話でした

この本を読んでアニマル・ホーダーという病気を始めて知りました、動物を愛して、苦しんでいる動物達を助けたいと思うからこそかかってしまう悲しい病です
自分は現在ペット飼えないんですけど、近所に野良犬やら野良猫は結構いるんです、以前よく見ていた子が急に姿を見なくなったりすることもよくありますが、でその野良達に餌をやったりしている人がいるんですが、自分もたまにあげたくなるんですよね。なんか自己満足できるし、餌食べてる姿も可愛いだろうと思うし、でもそのとき最後まで責任持てないなら世話しちゃいけない、って思うんです。勿論、そこで餌をもらったほうが野良が生き残る可能性も高まるし、目の前の命を少しでも長く生かすというもの考え方の一つではあると思うんですけど

ボランティア施設の前に動物を捨てる人、居場所だけ教えて保護を頼む人、自分達が世話できなくなったペットを保護するように頼む人、勿論その人達も動物が好きなんだろうけど、そういった動物好きの人達のせいで辛い思いをしている人が大勢いるんだということに始めて気がつきました

黒岩の甥の預かる話も印象に残っています、自分では面倒見きれないかもしれないことは引き受けない、大人としては当然の考え方も子供に対してはその子供の不幸すらも引きうける必要がある、たとえ面倒が見きれないとしてもそれは子供を預かる人間の責任だから・・・

猫の太郎とチビの話はほっとしました

ドイツで火災に気付いた犬が住人救う、自らは焼死

こんな犬もいるし、動物と人間の関係が今よりももっとうまく行くことを信じたいです、ペットの数は増えても保健所に行くような羽目になるペットが減っているんだからなんとかなるはずです

お進め度 ★★★★★  ミステリーとしては微妙ですがテーマ的に自分にはかなりきました
posted by テル at 23:17| Comment(1) | TrackBack(1) | その他の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

容疑者Xの献身 東野圭吾著

というわけでこのミス一位に輝いたこの作品
今までに短編集でなんどか出た湯川シリーズの一つですね
隣人の犯した殺人事件を隠すべく数学教師の石神はさまざまな手を尽くす、そこに湯川が立ちはだかる、とまあ簡単に言うとこんな話なんですが正直そこまで面白いとは思いませんでした

二人の知恵比べとか、石神の献身とか見所は多いし、話も良く出来ていましたが途中で結末が読めてしまったせいなんですからかね、論理的に謎を解いたって訳ではないんですが
ただ最後の結末は結構よかったです、なんていうか人生うまくいかないなあと

しかしまあ芸風の広い作家です、どうせなら加賀ものをもう少し頻繁に出して欲しいんですが

posted by テル at 22:03| Comment(5) | TrackBack(5) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になったニュース1209


アガサクリスティーのそして誰もいなくなったゲーム化


あの作品をどうゲームに仕上げるか興味があります、そういえば森博嗣の「すべてがFになるも」ゲーム化されてましたね、やったことはないですが


ヴァルキリープロファイル続編製作決定


こちらもゲームの話題、前作は結構楽しんでプレイしたんですが、メモリーカードの破損によりやる気をなくしてしまい、未クリア。まだ部屋のどこかに眠っているんでこれを期に再プレイしてもいいかな・・・


ディズニー映画「ナルニア国物語」が英王室御前試写会で上映


実は読んだこと無いナルニア国物語、海外物はどうも苦手で・・・映画なら見ようかとも思うけどディズニーってのがちと微妙


FictionJunction YUUKAがニューアルバム「Destination」発売記念ライブレポート


以前アルバム発売記念で行なわれたライブのレポートです、大阪でもやってくれればいいのに
前回テレビに出たときも見逃したのが残念
posted by テル at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日記

自分は貧乏なんですがね、小説も漫画も好きなんですわ
新刊でたら当然読みたい、だけど金は無い。いや金は自分の好きな作家を絞って買えばまあ何とかなるんだけど本棚がもういっぱいなんですよこれが

当然もう読まなくなった本もあるわけで売るなり捨てるなりあげるなりしようかと思って整理するんですよ

ゴソゴソ、おおこれそういや何年か前に買ったけど読んでないやつやん、今度よむためにとっとこ
ゴソゴソ、ああ、こんなのも持ってたなあ懐かしい、再読してから処分するか

ってな具合にまったく整理が進まん訳ですよ!一度買ったはいいけど本の山に埋もれて発掘出来ずまた買いなおしたりした本も何冊もあるし・・・

屍鬼なんかは馬鹿でかいので文庫版買いましたが、好きな作家の本なので処分するのも忍びなく結局文庫とあのでかいハードカバーと二種類有るし

最近は図書館で借りて気に入った本だけ買うようにしてるんだけど、図書館ただな訳で色々借りると気に入る作家も増えるわけでまた欲しい本が増えるという悪循環・・・

だれか僕に大きな家とたまった本を読む時間ください・・・
posted by テル at 01:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水の迷宮 石持浅海著

首都圏の人気スポット・羽田国際環境水族館に届いた一通のメール。そこには展示物の攻撃をほのめかす文章が書かれていた。困惑する水族館職員を傍目に、事件は勃発、それは3年前に過労死したと思われる元職員を思い起こさせる内容だった…

というわけでまた石持浅海さんの作品なんですが、帯に胸を打つ感動などと書かれていて期待しすぎたせいかそれほど感動はしませんでした
この人の作品は閉鎖空間での物語が多いのですが、今回もまた水族館内部だけで話は進んで行きます、こういった話は個人的に好きなんですが今回は水族館という少し特殊な舞台ということもあって、その構造や仕組みも楽しく読めました

ミステリーとしては探偵役の深澤がすこし完璧すぎるかと、作者が自分で謎を作って、その謎を作者の創った登場人物が解決するのだから当然とは言え謎の解明のためだけに存在するキャラクターのように思えました

あと最後もそれでいいのかと気にはなりましたね、人の死をそう簡単に収めていいものかと。ミステリーとしては伏線もしっかり貼られていて中々の出来だっただけに最後が少し納得行かなかったけどそれは人それぞれの考え方でかなり違ってくる部分なんでしょう

少しネタバレの感想




夏のロケット同様いい大人が無茶とも言える目標に向かって進んで行く姿はいいものだと思うんですが、あっちは一応打算と思惑があったのに大してこっちはそれがなかったんですよね、もちろん死んだ人の思いを果たしたいと思うの当然だと思うけれど、職員全員が事件を隠して故人の遺志を果たそうとするのに少し違和感はありました

お進め度 ★★★



posted by テル at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 石持浅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。