2005年12月24日

日本の捕鯨船がグリーンピースとボート接触

現在記事が読めなくなっていますが

 水産庁によりますと21日、南極海で5隻の船団を組んで操業していた調査捕鯨船に
 対して、環境保護団体グリーンピースの船2隻が接近し、横断幕を掲げるなどして
 捕鯨をやめるよう求めました。
 グリーンピース側はさらに小型のゴムボートを出して、鯨を引き揚げようとしていた
 捕鯨船の船尾に張り付くようにして抗議行動を繰り返しました。

 これに対して捕鯨船は、ボートに放水するなどし、一時、船とボートが接触しましたが、
 けが人はなかったということです。これについて水産庁は、「危険な行為をやめるよう
 繰り返し警告したものの、ボートが離れなかったため放水した」と説明しています。
 また「調査捕鯨は国際的に認められた合法的なものであり、妨害行為はきわめて
 遺憾だ」と話しています。

 一方、グリーンピース側は「今後も捕鯨に対する抗議行動は断固として続ける」
 としています。


とのことです

勿論グリーンピースが大変な地域に行って活動したりしていることも知っています、その功績は認めなくては行けないところもあるんでしょうとはいえ今回の行為は環境テロリストと言われても仕方のないものです

なんかねえ、豚牛食っても良いけど鯨イルカは駄目とか基準がようわからんのよ、しかもボートぶつけるって危険な行為をしておきながら反省など全く無く自分達は正しい行為をしているって思いこめるのが怖いね

自分達が守ると決めた動物を守るためなら人殺しも辞さないって感じなんですかね、なんか目的が正しいとしても手段が間違っていると駄目だって言うことも理解出来ないみたいで不思議
目的も正しいとは思えないけど


関連ページ

グリーンピース クジラ問題
日本鯨類研究所


posted by テル at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の英雄?

ES細胞問題『ノーベル賞』が欲しいワケ

黄禹錫教授の広告物を撤去

【論文ねつ造】黄禹錫教授、ソウル大学教授職を辞任

【ES細胞】黄教授の2004年度論文は先行研究の焼直し?

「早く早く」の文化が黄禹錫教授論文ねつ造の事態の原因


写真偽造認めた研究者を告発 ソウル大の黄教授

とまあ普通に考えたらありえない展開になっている論文偽装問題ですが
科学的なことはわかりませんが、普通に実験成功しているなら写真を偽装する必要無いんですよね、逆に言えば写真を偽装している以上実験失敗しているわけで・・・

しかしまあ最後の記事は無茶苦茶で笑えます、こんな人が韓国の英雄とか言われていたんですね

こんな実験は検証のために何度もやり直されるものだろうと思いますがいつまでも騙しとおせるつもりだったんでしょうか



2chのとあるスレにかかれたわかりやすいまとめ

韓国人の黄禹錫がヒトES細胞のクローンに成功と発表
   ↓
「ノーベル賞確実!」とされて韓国人の国民的英雄に
   ↓
韓国のテレビ番組が卵細胞の入手に倫理問題があるのではと報道
   ↓
韓国人が「国益を損ねた」と不買運動
   ↓
黄禹錫のファンクラブ設立。卵子提供ボランティア殺到
   ↓
論文共同執筆者が倫理問題で黄教授側と断絶宣言
   ↓
論文が注目され、サイエンス誌掲載の論文を再チェック
   ↓
写真の不備が指摘される
   ↓
論文のfig.がおかしいと2ちゃん生物板から物言い
   ↓
論文共同執筆者が論文からの名前削除を依頼
   ↓
黄禹錫、過労で入院→退院→再入院でファビョン発症
   ↓
ES細胞は最初からなかったと告白
posted by テル at 01:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。