2005年12月03日

ミステリーとして素晴らしいタイトル

ミステリーとして素晴らしいタイトル(ミステリー)

2chの中から自分の気に入ったスレ紹介して行きます、一発目はこれ、上手いタイトルは書店で手にとって見て買ったはいいけど読んで後悔することも多いんですが・・・



1名前:名無しかも 投稿日:02/02/22 18:02
てめぇが思う、一番ミステリーとして素晴らしいタイトルは何ですか?

11 名前:名無しのオプ 投稿日:02/02/22 20:55
封印再度

14 名前:名無しのオプ 投稿日:02/02/22 21:30
やっぱり「長いお別れ」でしょう。

32 名前:名無しのオプ 投稿日:02/02/23 09:56
「そして誰もいなくなった」
これを超えるタイトルには出会ったことない。

34 名前:名無しのオプ 投稿日:02/02/23 11:07
無実はさいなむ
終わりなき夜にうまれつく

アガサたんは翻訳タイトルに恵まれてるよね

76 名前:名無しのオブ 投稿日:02/03/08 02:42
ガイシュツだけどクリスティの
「終わりなき夜に生まれつく」
かっこいいと消防時代から思ったよ。
訳者偉い。

77 名前:名無しのオプ 投稿日:02/03/08 03:01
クリスティはいい邦題、あるよね。
「鏡は横にひび割れて」
とか。
映画は『クリスタル殺人事件』とかいうアフォなタイトルだった
から、よけーにね(w

91 名前:名無しのオプ 投稿日:02/03/11 15:28
でも英語の原題と日本語のタイトルって違うのが多いんでしょう?
「そして誰もいなくなった」も日本の訳者が考えたらしいし。
カッコイイからどっちでもいいけど。

108 名前:名無しのオプ 投稿日:02/04/14 21:04
やっぱり森博嗣の『封印再度―WHO INSIDE』かな。
『幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC』
も好きだけど。

110 名前:名無しのオプ 投稿日:02/04/18 11:39
新訳ではタイトルが変えられちゃったカーの「九人と死人で十人だ」。
新訳は語呂が悪いよ。


111 名前:名無しのオプ 投稿日:02/04/20 01:17
氷川透の、『最後から二番目の真実』

143 名前:名無しのオプ 投稿日:02/05/10 21:03
よく言われるけどピーター・ラブゼイの「マダム・タッソーがお待ちかね」
読み終わると、邦題のすばらしさに感動します。

恩田陸はセンスいいですよね。
山口雅也(「生ける屍の死」を代表として)もイイ!


148 名前:名無しのオプ 投稿日:02/05/10 23:42
結構好きな人居るみたいだけど、俺は森の駄洒落タイトル好きじゃないな。

ま、いいや。
そんな俺はやっぱり乱歩のタイトルが好き。
そんな中でもやっぱり一番は「D坂の殺人事件」

もしこれが「だんご坂の殺人事件」だったら…それはそれでまた(・∀・)イイ!

204 名前:837 投稿日:02/07/13 19:54
女には向かない職業(P.D.ジェイムス)
a unsuitable job for a woman

ほとんど直訳に近いタイトルなんだが、なんかシブくていい。



210 名前:名無しのオプ 投稿日:02/07/14 08:41
ここまで見ると「封印再度」が一番多いような気がするが、
私は森作品では「今はもうない」が好きだ。
森本人が、どっかの雑誌?かなんかで
「ネット検索しても一発で絞れないような普通っぽいタイトルにした」
というようなことを言ってたのを思い出した。

243 名前:名無しのオプ 投稿日:02/07/20 13:04
ドナルドつながりでロスマク「縞模様の霊柩車」もいい。
邦題だとちょっとお間抜けだが原題だと Zebra-striped なんとか。
プリプリだ。(古い)

302 名前:名無しのオプ 投稿日:02/08/18 02:58
嘘、そして沈黙
原題の「Lie To Me」をここまで上手く訳すとは

314 名前:名無しのオプ 投稿日:02/09/12 12:01
『歪んだ果実』原題は"Blood Test"
中を読んでも翻題納得。原題よりもいい例の一つではないかと。
ジョナサン・ケラーマン読んでる人いるかなあ
奥さんの方が有名か?


315 名前:名無しのオプ 投稿日:02/09/13 12:09
>>314
ケラーマン好きだよ。
「わるい愛」ってタイトルも好きです。
「悪い愛」よりも、すごく意味ありげに見える。

あとはミステリーじゃないけど
「ミッドナイト・ミート・トレイン」
音の響きがカコイイ。
真夜中の人肉電車ですかい!まさしくタイトルにふさわしい内容ですた。



328 名前:名無しのオプ 投稿日:02/11/06 02:06
ミステリじゃなくていいならティプトリーの「たったひとつの冴えたやりかた」


406 名前:名無しのオプ 投稿日:03/02/22 21:23
ガイシュツですが、 ケメルマン「九マイルは遠すぎる」

原題“The Nine Mile Walk”から よくこの邦題を思いついたなー、と

感心しました。


514 名前:名無しのオプ 投稿日:03/07/05 09:41
>>512
チェスタトンは哲学・文学系の作品の方が、いいタイトルが多いよ。
「正統とは何か」「異端者の群れ」「正気と狂気の間」とか。

板ちがいになりそうなので、ここで一つ。
エラリイ・クイーンの短編集「クイーン検察局」
  …原題は“QBI”でFBI(米国連邦捜査局)のもじりだったので
   訳者は邦題をつけるのに苦労したんだろうなーと思いました。


634 名前:名無しのオプ 投稿日:04/02/27 21:56
追跡者の血統・闇先案内人・砂の狩人・撃つ薔薇
氷の森・天使の牙・烙印の森・秋に墓標を・
屍蘭・無間人形・炎蛹・氷舞・風化水脈・灰夜

大沢先生は最高です。


645 名前:名無しのオプ 投稿日:04/03/22 02:00
「さらば甘き口づけ」
「鷲は舞い降りた」

ハドボイルド、冒険系にいいのがよくあるような。

646 名前:名無しのオプ 投稿日:04/03/27 18:05
ハードボイルドはかっこいいタイトル多いよね。
原りょうのはどれも好き。

『そして夜は甦る』
『私が殺した少女』
『天使たちの探偵』
『さらば長き眠り』

670 名前:名無しのオプ 投稿日:04/06/15 15:07 ID:srvURNT0
海外SFのタイトルってセンスいいね。
「流れよ我が涙と警官は言った」「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
「虎よ!虎よ!」
「たったひとつの冴えたやり方」
「冷たい方程式」
「モナリザ・オーバードライブ」
「人間以上」
「ラルフ124C41+」
「月は無慈悲な夜の女王」
「降伏の儀式」
などなど。
ミステリに負けてない。

673 名前:名無しのオプ 投稿日:04/06/16 22:28 ID:xw5/VhVA
森博嗣

『封印再度 who inside』
『数奇にして模型』(好きにしてもOK)
『夢・出逢い・魔性』(夢であいましょう)
『朽ちる散る落ちる』(チルチルミチル)


689 名前:名無しのオプ 投稿日:04/08/23 04:33 ID:2lv9rjsk
「アルジャーノンに花束を」
有名故あらすじを何回もなんとなく目にしているうちに脳内で形成されてた
イメージストーリー↓
アルジャーノン!君は見事お利口になったネ!そんな君に私達から花束のプレゼントだ!
ワーパチパチ
…教授達は気付いていなんだ、僕の脳で起きている異変に…!
それは、惨事の幕開けだった…!

読み始めてアルジャーノンが主人公の青年の名前じゃない事に衝撃を受けた。
読み終わってからなんて秀逸なタイトルなんだろうと思った。
ってミステリじゃないねごめん。


697 名前:名無しのオプ 投稿日:04/08/27 14:37 ID:B8PDEgDd
やっぱり「そして誰もいなくなった」を超えるものはないなぁ


713 名前:名無しのオプ 投稿日:04/11/11 15:45:23 ID:xumAlQI5
やはりミステリでは『そして誰もいなくなった』これでしょう?

ミステリ以外ならダントツで『不条理な夜にしどけなき猫』だな。『八月の博物館』もいいけど。


801 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/07/12(火) 13:06:09 ID:syHSgT70
最悪なのも書いてみよう

島田荘司 「三浦和義事件」


802 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/07/13(水) 05:57:17 ID:k4PdMKtJ
↑吹いたw
「夜歩く」や「悪魔が来たりて・・」はいいね。
既出かもしれんが「ドグラマグラ」も好きや。



808 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/07/27(水) 20:53:52 ID:Yl4jeUAB
歌野正午
葉桜の季節にきみを想うということ


820 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/08/06(土) 23:52:07 ID:9HJcAFwS
「葉桜の季節にきみを想うということ 」って読んだことないけど、タイトルが恋愛小説みたいで
敬遠してる。あまーいやつじゃないよね?


821 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/08/07(日) 00:02:42 ID:uPBvhDNp
>>820
どちらかというと渋い
少なくとも君の想像は越えている


822 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/08/07(日) 06:27:28 ID:sjkwIxYu
甘いと思ったら苦かったよ。


832 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/08/11(木) 17:57:24 ID:FxcQJr1i
森博嗣の
「封印再度(WHO INSIDE)」
「数奇にして模型(好きにしてもOK)」

素晴らしいっていうか、ただうまいこと言ったな、と。


833 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/08/11(木) 22:53:00 ID:cysW0D7X
森は夢・出逢い・魔性もいいね
タイトルだけね


854 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/09/13(火) 23:39:48 ID:W8EX/kH1
森博嗣ほどタイトルセンスがない作家はそうそういない
なんだあの失敗ダジャレの退化系みたいなのは
50近いおっさんとは思えない寒さ


872 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/09/30(金) 03:51:50 ID:RvBZgmQu
「ある閉ざされた雪の山荘で」

カッコいい、とかそんなんじゃなくてミステリ好きとしてワクワクする。


876 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/10/07(金) 18:15:57 ID:Nsyhd0jT
なんでミステリのタイトルって「あるいは」がつくのが多いんだろ。特に海外。


877 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/10/07(金) 21:58:17 ID:FcwXwtYT
orや「:」の直訳。向こうはサブタイトルにorや「:」を使うことが多いから。
例えばミステリじゃないが、メアリ・シェリーのフランケンシュタインなんて
「Frankenstein,or the Modern Prometheus」が正式タイトル。


878 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/10/08(土) 11:50:52 ID:d06IuSTQ
>>877
うおおおおおおおお
でらかっちょえええ!!


879 名前:名無しのオプ 投稿日:2005/10/09(日) 04:05:12 ID:lCu4PpCN
上手い邦訳って色気があるよな。

ミステリじゃないけど「白鯨」とか「指輪物語」とかのセンス凄杉。


やはり邦訳ものの上手い意訳が人気を集めているみたいですね。、日本の作家では森博嗣が結構上がっているようです、アンチも多いですが。自分も作品は別としてタイトルは結構気に入ってます「封印再度」か英語のサブタイトルも合わせていて秀逸だと思う、それ以外ですきなものだとミステリじゃないけど「たった一つの冴えたやり方」も好きです

やはりミステリーとしては真相がわかったときにタイトルの意味が理解できるような作品であって欲しいけど、あんまり知らないんですよね、自分があまり読んでないだけかもしれませんが
posted by テル at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ミステリ等雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。