2005年12月15日

覇王のサッカー

モーニング52号から塀内夏子先生のイカロスの山が連載開始しました
塀内先生といえば、フィフティーンラブ、オフサイド、Jドリームなど少年マガジンのスポーツ漫画でヒット作を続けて出した、男たちの熱いドラマを描くには定評の有るベテラン作家です

その塀内先生がマガジンにて去年の9月から始めた連載はなんと三国志を題材にした漫画、その名も「覇王のサッカー道」三国志と言えば髭が特徴の関羽、ぎょろっとした目にとら髭の張飛、耳の長い劉備などが思い浮かぶのですが・・・

出てきた関羽と張飛は子供でした!髭の無い関羽にかわいらしい張飛・・・どこが三国志やねんと突っ込みたくなりますが突っ込みどことはまだまだあります

武器を持った騎馬隊にスライディングで挑んだり、騎馬に乗っている敵が
「スペースがないから〜」とか古代中国にはありえない台詞を言ってくれたりします

残念ながらサッカー青春三国志というジャンルが今のマガジン読者に受け入られなかったのか、覇王の道半ばにして打ちきられてしまいます

そして今回の連載は山登り、「イカロスのサッカー山」蒼天の白き神の座ですよ(PSの登山SLG、超名作)こんどは山でのサッカーという新ジャンルがどんな展開を見せるか非常に楽しみです
posted by テル at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10675741

この記事へのトラックバック
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。