2005年12月06日

本格推理小説とミステリー「容疑者Xの献身」

二階堂黎人氏のHP
二階堂黎人氏が自身のHPで「容疑者Xの献身」が「本格ミステリ・ベスト10」の一位をとったことに付いて批判をしています、掲示板には我孫子武丸氏も現れて議論されていますが
二階堂氏は「このミステリーがすごい」での一位はよくても本格ミステリの一位が許せないと言う感じで、ようするに「容疑者Xの献身」はミステリーではあっても本格ミステリーではない、別に作品の出来が悪いものが一位になって批判しているわけではなく、「本格ミステリ・ベスト10」というランキングの一位が本格ミステリではないのはおかしい、ということのようです。作品の批判は一切していません。

ただ語句の定義が人によって違う以上この作品を本格推理小説と思うことになんの問題があるのかわかりません。人それぞれの「本格推理小説」という定義があるのにそれを「自分の本格推理小説観」にそぐわないからおかしいと言っているようにも見えます。
推理小説という語句の素直に読むと読者、あるいは作中の人物が推理する小説に漢字的には読めます。
現実には、トラベルミステリも、ハードボイルド物も、二時間ドラマなどでよくある刑事物も入っていて、ほとんど推理などが無い作品もミステリーと言われて売り場に並んでいたりします
多くの書店で売られている推理小説の定義が推理小説=推理する小説ではないと言うことだと思います。
「容疑者Xの献身」が本格推理小説ではないというのならまず本格推理小説の定義が多くの人に浸透させてからではないと無意味な批判になりかねないと思います。
posted by テル at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ミステリ等雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ミステリーとして素晴らしいタイトル

ミステリーとして素晴らしいタイトル(ミステリー)

2chの中から自分の気に入ったスレ紹介して行きます、一発目はこれ、上手いタイトルは書店で手にとって見て買ったはいいけど読んで後悔することも多いんですが・・・



1名前:名無しかも 投稿日:02/02/22 18:02
てめぇが思う、一番ミステリーとして素晴らしいタイトルは何ですか?

続きを読む
posted by テル at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ミステリ等雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

ミステリとミステリーの違い?

出版社によって「ミステリー」とか「ミステリ」とか違いがあるけどなにか違いがあるんでしょうか?
とある本によれば英語の発音的には後ろを伸ばさない「ミステリ」のほうが正しいのだとか。
講談社だとミステリーだし早川だとミステリ。あとミステリィってのもあるけど、これは森博嗣氏が使い始めたものだと思うので簡単です。森ミステリィとかいった具合にしかあまり使わないので。
yahooの辞書で検索したところ「ミステリー」でしか結果は出ず「ミステリ」は入っていないようです

余談ですがミステリーに秘跡劇。聖史劇。なんて意味があるのを始めて知りました

ほとんど個人の嗜好で使い分けているようなのですが自分は話すときには後を伸ばすミステリー、打つときにはその日の気分で適当にあまり考えずに使っています

ハヤカワミステリとか東京創元社のミステリとか自分の勝手な印象で古くから推理小説を扱っているところにミステリ表記が多いような気がします

推理小説、本格推理小説、新本格推理小説みたいな明確な違いがあったりするんでしょうか?
posted by テル at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ等雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。