2005年12月10日

どちらかが彼女を殺した 東野圭吾著

あらすじ、一人殺されて容疑者二人、実際に犯罪を犯したのはどっち? 以上

まあ冗談ですけどそれくらいあらすじはシンプルです、この作品には普通の推理小説と違って探偵役が犯人を指摘して長々とどう推理したかを喋る、というよくある推理小説の1場面はありません。探偵役が犯人を指摘したところで終わっています

この作品は読者は推理小説を読むときに実際に推理しながら読んでいるのだろうか?ただ探偵役の解説を聞いて納得しているだけじゃないのか?という疑いから製作されたと聞きました

推理する条件はすべて出揃っているので、きちんと読んで考えて行けば犯人役の名前は指摘できるんですけど、いや難しかった。自分も推理小説読むとき多少考えているつもりだったけど、心のどこかで考えても判るわけないって思っていたんでしょう、ただ実際に考えて犯人わかる推理小説って少ないと思うんですけどね

推理する材料の出し方や、容疑者を二人に絞っている点など、実験的な作品ですが読みやすく推理しやすく丁寧に作られています、文庫版のほうは解説もついているのでそちらのほうが理解しやすくてお勧めです

お進め度 ★★★★★

posted by テル at 22:54| Comment(2) | TrackBack(3) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

容疑者Xの献身 東野圭吾著

というわけでこのミス一位に輝いたこの作品
今までに短編集でなんどか出た湯川シリーズの一つですね
隣人の犯した殺人事件を隠すべく数学教師の石神はさまざまな手を尽くす、そこに湯川が立ちはだかる、とまあ簡単に言うとこんな話なんですが正直そこまで面白いとは思いませんでした

二人の知恵比べとか、石神の献身とか見所は多いし、話も良く出来ていましたが途中で結末が読めてしまったせいなんですからかね、論理的に謎を解いたって訳ではないんですが
ただ最後の結末は結構よかったです、なんていうか人生うまくいかないなあと

しかしまあ芸風の広い作家です、どうせなら加賀ものをもう少し頻繁に出して欲しいんですが

posted by テル at 22:03| Comment(5) | TrackBack(5) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

卒業:雪月花殺人ゲーム 東野圭吾著

東野圭吾さんは非常な好きな作家の一人で映画化もされた「秘密」のラストを読んだときは鳥肌が立ったのを覚えています、ただまわりの知人にはあまり評判がよろしくなく、子供だましだとかご都合主義だとか言われて面白いと思って進めたのに酷評されて凹んだのを覚えています

続きを読む
posted by テル at 01:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。