2005年12月30日

狐罠

>骨董の世界を舞台にしたミステリーです、自分には骨董品なんてなんでも鑑定団たまに見るくらいの知識しかないですし、美術品見ても感動とかしたこと無いんですがこの作品は楽しめました

騙されるほうが悪い言うのはよく聞く言葉ですが、骨董、古物商の世界ではそれが基本で目利きがどこまで出来るかによってすべてが左右されます、贋作をつかまれてもそれを余所に真作と賞して売りぬくこともありですし、真作を贋作として安く買い叩くことも問題無い。もちろん人間の道徳的な点では悪なのかもしれませんがこの世界ではそんな常識は全く通用しない

自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う主人公の「旗師」宇佐見陶子。彼女が橘董堂から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」に陶子も意趣返しの罠を仕掛けようとするが・・・

とまあ殺人事件と骨董の話なんですが、他の北森作品の人物も少しだけ出ているので読んでいるとその分楽しめるかもしれません

こういった自分の知識の無い世界の話はそれだけでも楽しめます、色々な自分の知らない知識が入ってくるのはそれだけで十分読ませる力がありますね、ただこの作品はそういった部分だけでなく話としても良作です、骨董の世界に絡んだ殺人事件、主人公、陶子の魅力、贋作という危険な行為など読ませてくれます

単純にミステリーのトリックなどと言う点などから見たら凡作かもしれませんが骨董と言う魔物が住む世界の特殊性を良く表現していると思います、そしてなによりそういった人種があくまで自分の目でみて感動したものを残しておきたいと思う、商売人である前に一人の愛好家であるという点が子の世界の深さを表していると思います

お進め度 ★★★★☆

posted by テル at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 北森鴻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2)

触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉
発売元: 新潮社
以前紹介した狂笑面の続編、前回はただの一脇役でしかなかった狐目の男や新レギュラーとなる由美子など大学での描写も増え、助手の内藤三國の講師昇格の話など前作のようにフィールドワークに出かけてその先で事件に巻き込まれるという形は少なくなっている



続きを読む
posted by テル at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 北森鴻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

狂笑面 北森鴻著

“異端の民俗学者”蓮丈那智とその助手である内藤三國がフィールドワーク中に出会う事件をまとめた全五編の短編集

少し前にテレビドラマでもやっていたので見た人もいるかもしれません、自分はあまりにも蓮杖那智のキャラクターが違うのに絶えれなくてすぐにテレビを消しましたが・・・

民俗学ミステリーということですが、不帰屋なんかは民俗学の部分と現実の事件がうまく関わっていて民俗学的な考察から現実の事件の解明にきれいに繋がるのがすばらしいです
全部の話がそういった風に民俗学と事件とがうまく関わっていないのが多少不満点でしょうか、すべての話を民俗学と関連付けるのは難しいのかもしれませんが・・・
ただ他の北森作品とのクロスオーバーなんかもあって著者の作品を読んでいる人ならまた違った楽しみ方も出来るかもしれません

お進め度 ★★★

posted by テル at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 北森鴻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。