2005年12月08日

夏のロケット 川端裕人著

主人公の高野は中学時代のバイキング火星到着以来火星に憧れを抱いていた高校生、あるとき強引に天文学部に勧誘されそこで仲間と共にロケットを作り始める、結局すべての打ち上げは失敗に終わり仲間もそれぞれの道に進んで行った

その後新聞記者となった高野は過激派のロケットの破片から見覚えのあるパーツを発見する、高校時代の仲間の一人教授こと日高独特のパーツにそっくりだったのだ

その後、かつての仲間がまたあらたにロケットの打ち上げ計画を立てていることを知る、そしてその計画に高野も参加することになる
過激派と教授の関係は?ロケットは無事に打ち上げられるのか?

この作品は自分の中でもかなり好きな作品のひとつです、ロケット関係の知識はないんで現実に飛ぶのか、高校生がそこまでできるのか?などはわかりませんが読んでいてロマンがあるなあ、と思っていました。高校時代とは違って現在のロケットに関わっている仲間達はただロケットを飛ばしたいという純粋な想いだけではなく、打算や思惑も絡んできますがそれでもやっぱり元になるのは単純にロケットを飛ばしてみたいというものだと思います

またこの作品はロケットの華々しいところだけではなく、裏側の軍事兵器としてのロケットの部分にもかなりの量を使って解説しています、当時の情勢を考えると仕方のないことなのかもしれませんが正直に言ってあまり楽しい話ではありません、ただ宇宙開発の功罪を考えるときにはミサイル使用されたことを触れないわけにはいかないので仕方のないことなのでしょう

カバーにはライトミステリーと書かれていますが正直に言うとどこがミステリーやねん、という感じでミステリー色はほとんどないです、ただ青春小説としてはかなりの良作だと思うので宇宙に興味のない人もぜひ読んでみて下さい


お勧め度 ★★★★☆
posted by テル at 14:42| Comment(2) | TrackBack(2) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

理多のじかん

http://ritarita.jp/
理多さん公式サイトです

自分の好きな歌手の一人である理多さんのライブの抽選が行なわれたようです、東京なんで行くことは無理だったんで応募してないんだけど聴きたかった・・・
一度大阪でライブやったときにいったんですけどそのときは単独ライブではなかったんであんまり理多さんの歌声聞けなかったのが心残りです

ちなみに自分の好きな歌手は中島みゆきさんを別格として、理多さんしみとせのりこさんzabadak、新居昭乃、白鳥英美子、FictionJunctionなんかです。あまり一般には有名ではない人多いのでわかる人だけわかってくださいw

posted by テル at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

サッカー漫画と野球漫画

さて現在の少年週刊誌には多くのスポーツ物の連載が掲載されています、野球やらサッカーやら、ロードレースやアメフトなんていう日本ではマイナーなスポーツもあったりします

スポーツ漫画の傑作と言えばジャンプの高橋陽一先生の「キャプテン翼」 むかしオーバーヘッドを真似しようとして怪我したり、三角飛びを真似しようとして怪我したり、森崎と言う名前の同級生が居たら必ずキーパーをしていたなんて経験は誰にでもあると思います
その後陽一先生はテニス漫画の「翔の伝説」を連載するもすぐに打ちきられてしまいます。

一方マガジンでは大島司先生の「シュート」、これもまた長く続いた人気作でした。 しかし連載終了した後やっぱりテニス漫画の「ステイゴールド」を始めますがこれもまたすぐに打ちきられてしまいます。
マガジンのサッカー物といえば塀内夏子先生を忘れてはいけません、「オフサイド」「Jドリームと」立て続けにサッカーものでヒットを飛ばします(三国志は忘れてください)。
その塀内先生ですがサッカーものでヒットする前に「フィフティーンラブ」というこれまたテニス物を連載されていました。これは結構続いてそれなりに人気が出たようです、なにぶん古い作品なので当時の人気はわかりませんが

サンデーでも草葉道輝先生が「ファンタジスタ」の連載を終えた後これまたテニスの連載を始めてしまいます

ここまでくるとテニスとサッカーには何か共通点があるのか?などと疑ってしまいますがそれよりも怖いのが、現在連載中の某超人テニス漫画が終了した後サッカー漫画が始まってしまう恐れがあります・・・
ダブルスの2VS2の試合でさえアレだけの超展開、これが11VS11になったりしたらどうなるんでしょう。
とりあえず全員分身して22VS22になったり、みんな目が逝ったまま試合したりするのは当然として某作品では指が6本になったり4本になったりしているそうですが、今度はサッカーなので足が増えたり減ったりするのでしょう「キャプテン翼」をも遙に超える作品に仕上がりそう

メンバーの数も増えて大きいお姉さんも大喜び、CDなどの関連商品もやまほど増えて出版社も大喜びしそうです
posted by テル at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人狼

http://wolfbbs.jp/

あいもかわらず人狼にはまっています、最近は何日もかける人狼BBSよりも1時間くらいで終わる短期勝負の村でよく遊んでいます
短期勝負だと、何日もかけるBBSとはまた違って短い時間でどれだけ信用を得られるかが勝負なので今までのじっくり考えながら発言できることになれていた自分にはすこし厳しいくて負けることも多いですが・・・

このゲームをやると胃が痛くなりますが度胸もつくかもしれません、相手が白だとわかっているのに、自分が生き残るために相手を黒く見せるように説得したりしないと勝てませんからね、たまに険悪な雰囲気になることも有りますが、推理があってたり、役職の仕事をきっちり果たせたときなどは充実感も有ります
短期村の場合終わってすぐ解散ということも多いですが人狼BBSの場合ゲーム終了後に1日エピローグの時間が有り、プレイヤー全員で感想や、反省をするのですが。きつい意見や、相手を貶めようとする発言も相手の立場からするともっともだとわかったり、ブラフで相手を怒らせようとしての発言だったりわかったりするので、あんまり最後まで嫌な気分で終わることも無いです
でも自分が信頼していた人が黒だったりして凹むことも多いですが、相手も騙そうとしてるとは言え人を見る目を養わないといけんなあと思うことしきりです

信頼されてると思ってたら相手は人狼でミスリードしてくれてるのを喜んでくれていたりね・・・
posted by テル at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本格推理小説とミステリー「容疑者Xの献身」

二階堂黎人氏のHP
二階堂黎人氏が自身のHPで「容疑者Xの献身」が「本格ミステリ・ベスト10」の一位をとったことに付いて批判をしています、掲示板には我孫子武丸氏も現れて議論されていますが
二階堂氏は「このミステリーがすごい」での一位はよくても本格ミステリの一位が許せないと言う感じで、ようするに「容疑者Xの献身」はミステリーではあっても本格ミステリーではない、別に作品の出来が悪いものが一位になって批判しているわけではなく、「本格ミステリ・ベスト10」というランキングの一位が本格ミステリではないのはおかしい、ということのようです。作品の批判は一切していません。

ただ語句の定義が人によって違う以上この作品を本格推理小説と思うことになんの問題があるのかわかりません。人それぞれの「本格推理小説」という定義があるのにそれを「自分の本格推理小説観」にそぐわないからおかしいと言っているようにも見えます。
推理小説という語句の素直に読むと読者、あるいは作中の人物が推理する小説に漢字的には読めます。
現実には、トラベルミステリも、ハードボイルド物も、二時間ドラマなどでよくある刑事物も入っていて、ほとんど推理などが無い作品もミステリーと言われて売り場に並んでいたりします
多くの書店で売られている推理小説の定義が推理小説=推理する小説ではないと言うことだと思います。
「容疑者Xの献身」が本格推理小説ではないというのならまず本格推理小説の定義が多くの人に浸透させてからではないと無意味な批判になりかねないと思います。
posted by テル at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ミステリ等雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動く家の殺人 歌野晶午著

結論から言おう。信濃譲二は殺された

ではじまるこの作品、前二作で探偵役をつとめた信濃が殺された!?となるべきなのでしょうが自分がこの本を読んだときには前の作品読んでなかったので信濃って誰?って感じでした、本当なら最初の文章で驚くべきだったんでしょうが・・・続きを読む
posted by テル at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むりやり推理ゲーム

結構前に某2chのVIP板で連載?されていたスレのまとめサイトなんですが、一応推理と言っていますがまあこんな無茶苦茶な話を一応形つけてまとめたなと感心してしまいます、一度終わったと思っていたら一回復活していたのを最近知りました

http://www.geocities.jp/ex_s102/samsung/index.html
・「むりやり推理ゲーム」とは?

続きを読む
posted by テル at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W-ZERO3 〜 プリインストールアプリを簡単紹介&Skypeを使ってみた

W-ZERO3 〜 プリインストールアプリを簡単紹介&Skypeを使ってみた


というわけでW-ZERO3レビューの続報です、もう十日もしないうちに発売されるんですね
写真で見て判る通り色々なソフトがインストールされてますが、多分ユーザーの手でもっと高性能なソフトが出来るんでしょう、パケット通信中に通話さえ出きれば問題は無いんですがこの点は改善されないようですね

ちなみにW-ZERO3のホームページ見せてこれ買うかもしれないって知人に言ったら、「でかいだけで邪魔になりそう、そんな高いの買うよりもはやく携帯にしろ、070ってなんやねん」と言われました・・・

遊び心のわからない奴め・・・
posted by テル at 00:58| Comment(0) | TrackBack(1) | willcom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニスの王子様はやっぱり怖い

相変わらずテニスの王子様の世界は異常です、今までも分身やらスーパーサイヤ人化やらとても中学生とは思えない、いや人類とは思えないことをしてくれてますが今週もまた別の世界へと行ってしまいました。

先週の最後で謎の同調(シンクロ)とやらをかましてくれた大石、菊丸ペア、みんなが同調(シンクロ)!!などと言っている所を見るとこちらの世界では特別に不思議な現象ではないようで、世界を獲ったプロはみんな同調()を経験しているようなことまで言っちゃってます。
オーラが出るのも、目が逝っちゃってるのもテニスの大会では今まで一度も見たことが無いんですが・・・

さらに同調すると汗まで引くようで、今までバテバテだったはずがいきなり汗一つかかず無表情にプレイしています、ペアで揃って一緒に飛んでます。
051206_0035~001.jpg
作中の解説によると
「相手を信頼しプレーすることにより相手の動き・思考、息遣いまでもが同調し、次にどう動くのかお互い手を取るように判ってしまう」とのことですが、先週のあの体力消耗しきった状態からなぜあんなに急に動けるようになったのかはまったく説明されてないし!

相変わらずテニスの王子様からは目が離せません
posted by テル at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

W-ZERO3 〜 基本操作や通話・メールをチェックする

W-ZERO3 〜 基本操作や通話・メールをチェックする

というわけでW-ZERO3(通称シャーポン)のレビューの続報です
通話しながらメモ帳やタスクスケジューラが使えるというのは少し安心したけどパケット通信中に着信が出来ないのは痛い、無線LANなら問題無いようだけどやっぱりこれ一機で電話機とモバイル用機器両用というのは望みすぎなのだろうか
posted by テル at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | willcom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品無料仕入戦隊『電脳卸』 アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。